胸を大きくする基礎知識

胸は揉むと大きくなるのは嘘!逆効果で胸が小さくなる原因になる事も

胸を大きくする2つの成分でバストを2カップサイズアップする方法!

胸を大きくするためには女性ホルモンの分泌が必要です。
バストが小さくて悩んでいる人は、胸を揉むと大きくなるという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
この噂は本当なのでしょうか。
この噂を検証する前に、バストのメカニズムを見てみましょう。

バストは、90%の脂肪と10%の乳腺からできています。
乳腺の周りを脂肪が取り巻くようにバストを形づくっていますから、乳腺が発達すれば大きくハリのある胸になることができるのです。

では、乳腺を発達させるにはどうすればいいでしょうか。
それは、女性ホルモンの分泌が盛んになることで発達するということが分かっています。

女性ホルモンの分泌を盛んにすることが胸を大きくするメカニズムと言いましたが、では胸を揉んだときに女性ホルモンは分泌されているでしょうか。

これは、バストを揉んだときに性的な刺激を感じていれば女性ホルモンが分泌されます。
その場合は、胸が大きくなる可能性はあります。
しかし、ただ闇雲にバストを揉んでも大きくなることはないでしょう。

 

胸を揉む事はバストが小さくなる原因?

胸を揉む事はバストが小さくなる原因?

気をつけなければいけないのが、反対に自己流で胸を揉むと、クーパー靭帯を痛めたりバストの脂肪をなくしてしまったりする事があり逆効果となります。
胸を大きくすることを目的にするならば、バストを揉むということは止めておいた方がいいでしょう。

あくまでも、胸を大きくするためのイメージとしては「揉む」ではなく、「マッサージする」方が正しいといえます。
闇雲に揉むだけでは、クーパー靭帯の損傷や、脂肪の減少に繋がり胸を小さくしてしまう行為だということを認識して下さい。

現在の女性の多くは、スマホやパソコンを見る時間が多くなり、自然と姿勢が前かがみになり猫背の女性が多いです。

猫背の姿勢が続くと、胸を支える大胸筋が衰え縮こまることで、バストにハリがなくなり胸が小さくなってしまいます。
逆に、胸を支える大胸筋をマッサージより柔軟に保つことができれば、ふわふわの胸を作ることができます。

胸は揉むと大きくなるというのは、むやみに揉むと逆効果。
正しい知識と方法でマッサージをする事が、バストアップ効果を得ることが出来るということですね。

-胸を大きくする基礎知識
-,